ブラウザによる表示の違い | 有限会社ユナイテック 東京大田区

ブラウザによる表示の違い


サイト制作後、SEO,LPO,SMO,SEMこれらを施すことで、多くの方がサイトに訪問されると思います。
しかし、ここでWEB独特の問題が発生いたします。
現在サイトを見るための「ブラウザ」が複数存在しています。

  • 最大シェア インターネットエクスプローラー6

  • 最新のブラウザ インターネットエクスプローラー7

  • 次期ブラウザ インターネットエクスプローラー8bate

  • 徐々にシェアをのばしているFirefox

  • 古くからあるopera

  • IEコアのSleipnir

  • グーグルによるブラウザGoogle Chrome

  • MAC用ブラウザsafali

このようにいろいろな種類があり、サイトの表示もそれぞれ違いありますので閲覧者のパソコン環境によって見え方が違ってしまいます。
現在W3Cの標準化に沿い各ブラウザの開発が進み少しずつ改善されていますが、最終的にどのブラウザを使うかは、ユーザーしだいであり、最終的な表示を完全に各ブラウザで同じにするのは難しい状態です。

143-0027 東京都大田区中馬込3-4-2 有限会社UNYTEK TEL03-3771-5413FAX03-3776-8599